要カナメの場所へ満月とぐるり富士山0102

昨日のお話の続きです。

友人の希望で行った

富士宮の初売りは

大して買うものもなく

しかし、買い物が終わり車に戻ると

もう2時半

冬至を過ぎたとはいえ、まだまだ日が短いので

もう帰ろうか、とのことになる。

どっちから帰ろうか?

ちょうど富士山の真逆にいるよ

そういえばそうだね、

だけど戻った方が空いてるかも、

わたしはそう言ったけど、戻るのはつまらないとばかりに

すでに車は南下していく。

ぐるりと富士山のまわりを回って帰ることになったのはこの時だったのです

もっと時間が早ければ、海まで行こうなんて言っていたので。

富士宮の市街からは海が見える。

海無し県に住んでるわたしたちは

海を見るのは新鮮だ。

駿河湾が眼下に見えて

光ってる!

それに、暖かい。

というか

暑い!

お茶畑があるよ!

夏みかんだ!

窓開けてるよ!寒くないんだね

今の人見た?夏みたいな服だったよ!

7の寒冷地から来た

ぶくぶくに着込んだわたしたちは

いちいち声を上げる

子供のくにの方に上がって行けばいいんだよね。

ええ!子供のくに

富士山の静岡側の清掃活動のイベントで

よく使う場所でもあるし、昨年、富士川河口の清掃活動で、ひとり泣きそうになりながら雨の中を2時間運転した場所でもある。その時はスマホのナビでグルグルに回らされたんだ

えええ?

、と言うことは

忘れもしない10月19日

雨の中の海岸清掃の帰り

気になる場所があったのです。

そのときのブログ

天秤座新月前の、この海で1019

帰り道、

十里木という場所を通るのだけど

関所跡という看板と、大きな鳥居が霧の中に浮かび上がっていたの。

うわうわ

と思ったけど

雨の中での海岸清掃と、慣れない場所の運転で

早く山梨に帰りたかったので

わたしにしては珍しく、寄らなかったのです。

そして、あくる日の

こちらのブログに出てくるシオンの民さんにその話をしたら

十里木八幡でしょ!わたしもあそこが大好きで。すごく気持ちがいいんです。以前三島に住んでたときによく行きました。とおっしゃったのね。

そのときのブログ

新月トキの扉を開く氷池白大龍王1020

へえ八幡神社なんだあ

なんだが意外な感じがしたものの

気持ちの良い場所、という言葉が心に響いて

それに、酉年にはトリ関係で色あったので

酉年のうちに十里木に行ってみたいという気持ちがあったのです。

だけど、それも叶わないうちに年が明けて

あれれれ?

まてよ

このまま走ると

あの鳥居の前を通るんじゃない?

わたしは慌てて、スマホのナビと車のナビを見比べてみた。

あ!通る

お願い!一箇所だけ寄って!

それにしても、おもしろい展開だ。

今日は、蟹座の満月、

シオンの民さんに初めてお会いして

その話を聞いたのが

天秤座の新月

こりゃー行かなくてはならない、

というより、この展開は

またまた、なにかあるのに違いない。

十里木はじゅうりぎと読むので

なぜ、これでトリを連想するのかというと

トリを、十理とも書くので

酉年のうちに行きたいなどと思っていたわけです。

だけど、この日

こんなニュースもあったんです!

ツルも驚く?早くも2日、今年最大のスーパームーン朝日新聞デジタル

そう、

陰暦ではまだこの日は

霜月とおかあまりむいか

つまり11月16日、

また、丁酉ひのととりなんだ!

だからなんだ、なのですが

わたし的には

初めて訪れるこの場所に

間に合ったー!という感覚が確かにしたのでした。

あった!そこそこ!

友人に車を停めてもらい、

逸る心で巡ってみます。

ええええ???

頼朝の井戸

お昼にランチした朝霧のまかいの牧場では

頼朝の巻狩り由来の地名との看板があり

ぐるり富士山は、源頼朝関連の言い伝えが多いのだけど

この日に寄った二箇所に頼朝さんかーい

先に、関所跡を訪れてみます。

鎌倉時代から

交通の要だったということ。

十里木街道というのね。

そして

八幡さま

この鳥居があの日

霧の中に浮かんで幻想的な風景を醸し出していたのね。

あたりは本当に気持ちの良い森となっていて

ほかの季節に訪れてみたいものです。

ミズナラやブナの巨木も。

これが、頼朝の井戸???

後世に作られたのでしょうが、

湧き水があったために人が住み、関所や神社が出来たと思われます。

水神さまが祀られています。

参道を歩いていくと

赤い鳥居が現れて

いよいよ

八幡宮です。

ここにも、頼朝の巻狩りの文字。

そうかあ

源頼朝は、八幡信仰をしていたために

鎌倉に鶴ケ岡八幡宮を建てたのですね。

そして

こちらにも勘定した

だから八幡さまなのね。

お参りしました。

あれれれれれれ

初詣で、です。

帰り道、

鳥居からまっすぐに

太陽が沈む

これもなんという采配なんだ

この、十里木という場所は

わたしがネイチャーガイドになりたてのとき

植物の先生に連れてきてもらったことがあり

わたしたちのホームグランドである

青木原樹海と、植生が非常に似ているんだという先生の説明と案内。

それもそのはず

溶岩流が流れた後に形成された自然林

とのことで

十里木氷穴なるものまで近くにあるそうです。

画像はお借りしました

うーむ

改めて、十里木の場所を調べてみたら

すごいことに気がついちゃった!

なぜ、この日

ここに来たのかも。

うわっ終われない

ごめんなさい

続きます。