あけましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。

 金沢は雪も無く比較的穏やかなお正月を迎えさせていただきました。本来なら北日本全体のように豪雪と嵐の天気に見舞われていてもおかしくない土地なのに、そういう天候にはならずに済んでおります。

 ところで話は変わりますが、日本の神様の総元締めは伊勢神宮の大御神様のように言われていることに昔から異論がありました。

 あの女神さまはどちらかというと為政者よりの押し付けに近い形で位付けが為されている神様なので、私は「新来の神様」ということで考えさせてもらっています。

 旧来の神様、本来の神様というのは日本に太古から住まわれている別の神様方がおられます。蝦夷と呼ばれた民族とともに滅ぼされてしまった日本古来の人たちが信仰していた神々こそが日本の本当の神様たちだと思っています。

 新来の神様以降併合やら吸収やらされて名前なども変えられている神様などもおられますが、今でも日本各地にひっそりと住まわれている「旧来の神様」たちがおられます。

 氣視させていただいているとそういう旧来の神様に近い方達と新来の神様に近い方達がおられることにも気づかされます。区別や差別はしてはならないことなので、公平に接しておりますが、それでもどうも私は旧来の神様よりの人間のように感じております。

 神様自体が今、本来おられるべき場所におられない時代ですが、逆に言えばおられる場所さえ感知できれば新来、旧来を問わずお会いすることができるのが日本という特別な土地だと感じております。