わはははは

暑いけど、夏の間、仕事を入れたのでばてていられない。

…朝から弁当作って通ってます。

秋風が吹き始めたら、…月を愛でながら、読書と瞑想の時を楽しもうか。旅行も。

飲み友達も帰ってくるかも。

子どもは美しいな・・・と思う齢になりました。

そのめまぐるしく煌めく、かれらの幼い日々、…あっという間に過ぎてゆく短い夏。

私自自身は確実に一歩ずつ、終焉にと近づいていくのに。

自分の年代の役目がわかってきました。

ゆとりのない、子育て中の若い親たちと、ストレスいっぱいの子どもたちの間で

緩衝地帯となること。

感情に振り回わされない、利害関係のない一人の大人として、

きちんと幼いものの相手をしてあげて、この世界のいくつかの断面をかいまみせてやること。

できれば、好きになってあげて、好きになってもらえること。

…違うな…時間をかけて、真摯に向き合うことからかな。それからかな、関係が始まるのは。

・・・それにしても、個体差がすごいな。

でもいちいち分類するんじゃないったら。…レッテル張ればいいというもんじゃない。

多動だ、アスペルガーだ、自閉だと。

ガキはそんなもんだ。…扱いやすいいい子ばかりだったら、とっくに人類、滅んでいるわ。

毎日、面白くって仕方ないや。…このクソ暑い日々。

広告を非表示にする