責めないで。。。

中川翔子ちゃんのお父さん、中川勝彦さんは、、、

32歳の時に、白血病で亡くなりました。

ちょうど同じころ、俳優の渡辺謙さんも同じ病気にかかっていらして。

でも彼はその後、病気を克服し、ハリウッドの映画にまで出演されるようになった。

同じ病気だったのに、、、

このふたりの間の違いって何だったのだろう。。。と。

いろんなことを考えた時期もありました。

そういうことからも私は、、、

すべてが成るように成っていくのだろうと。。。

そう思うようになったし、そう思えば、、、苦しくないのです。

どんなことが起きようとも。。。

それは、、、死さえも。。。

自分に起きるその現実をそのまま受け入れ、、、

あとは、その中で自分のできることを、ただひたすらやるだけで。。。

なぜか、、、満たされた気持ちになれるのです。。。

すごく、ラクです。

でも、、、私がこの答えに辿り着くまでには本当に。。。

いろんなことを考えました。

だから私は、、、考えることって大事だと。。。

そう思っています。

いろんなことを考えて、自分の中に浮かびあがる思いは、、、

人それぞれで。。。

それは、人によって変わるだけでなく、、、

同じ人であっても、、、時と共に自分の信念は変わっていく。。。

不変なものなんて。。。

この地上にはないのですから。

だから本当に、、、もっともっと、自分を信じてあげて、、、

自分の内から湧き上がってくる声に、耳を澄ませて。。。

そして今、自分がどんなことを考えているのかをじっくり観察してみれば、、、

そこに、今の自分というものが見えてくる。。。

自分の思考癖が。

この思考癖が、、、自分自身の現実を創り出していくことを理解すれば、、、

誰に言われなくても、自分自身を変えたくなってきますよ。

そういう努力を、自らの意志でしたくなってくるはずです。

だから、自らそういう思いが内に湧いてこないのであれば、、、

まだ、そんなことする必要もないのだと思います。

どんな人でも時期が来れば。。。

自分自身と向き合い、幸せに生きていけるようにと、、、

自分のその思考癖を、正しい在り方に作りかえていきたくなるはず。。。と。

私は思っています。

それぞれの思考癖が違うから、、、この地上ではドラマが生まれるのです。

だいたいにおいて、まずは思考があって、、、

そのあとに感情が発生します。

そして、その思考や感情と同一化してしまうことで、、、

様な人間的ドラマが生まれる。。。

そのドラマを通して、私たちは様なことを経験していきます。

でもきっとそのうち、、、その感情が、、、

本当は、自分自身ではないことに気づくでしょう。。。

そのうち、、、思考というものは自分自身ではなく、、、

単なるツールであることを知るでしょう。。。

そして、、、その思考や感情を、観察しているもうひとりの自分。。。

そちらの意識に同一化している時間が増えていくでしょう。。。

そういう時期も自然と訪れますから、、、

それまでは、感情のドラマを、しっかりとじっくりと

経験していけばいいのです。。。

それをしなければ、、、先には進めません。

いずれその感情から離れ。。。

思考の、本来の使い方を思い出し。。。

創造を経験し。。。

そして、、、最後の最後は、還っていくのです。。。

もとの自分に。。。

ファーストソースに。。。

今のところの、地球人の課題は。

まだまだ、感情のマスターですね。

長くかかりますね。。。

この段階。

ちなみに。

スピや宗教の教えを勘違いして。。。

無感情を装ってしまうのは、遠回りですよ。。。

自分の思いと、他の人の思い、、、

自分の出した結論と、他の人の出した結論にたとえ違いがあったとしても、、、

自分と違うものを潰そうとしたりすることは、、、本当に愚かなことです。。。

今朝、パソコンを開いたら、こんなニュースが目に入ってきました。

小林麻央さん、標準治療を受け入れず命を奪った忌わしき民間療法

エネルギーヒーリングというお仕事をしている者としては、、、

こういう記事を読むと、なんだか、悲しい気持ちにさせられます。

自分に理解出来ないことを責めるのは、、、それは、人間の弱さ。

ただ、、、ヒーラーの私でも思います。

この記事のお話も、一理ある。。。と。

今の世の中、、、一般的な対症療法、、、

そして、様な民間療法。。。

こんなにたくさん選択肢があるのですから、、、

それらを、上手に組み合わせて賢く使っていくのが一番。。。

そう思いませんか?

どちらかが正しくて、どちらかが間違ってる。

こんな考え方じゃ、もったいない。

例えば、、、重病で、どこの病院からも手の施しようがないと宣告された人が、

最後の望みとして受けた、こういったヒーリングで回復することも、確かにあります。

けれども、一生懸命ヒーリングをしても、、、全く効果が見られない場合もあります。

その違いは、、、何なのでしょうか?

一般的な西洋医学でさえ、時に人の命は救えて、、、時には救えない時もある。。。

その違い、、、その本当の理由というのは、何なのでしょう?

そういうことを、、、よくよく考えてみることが大事だと。。。

私は思ったりします。

もしあの時こうしていれば、こうだったかもしれない。と。

そういう考え方も、キッパリ捨てちゃった方がラクです。

すべては完璧な流れなのですから、、、

後悔している暇があったら、そのエネルギーをもっと、

建設的に使っていく方がいいです。

はぁ。。。こんなことを書くつもりでブログを開いたのではないのだけどね。

なぜか、書いてしまいました。

本当に書きたかったことは、、、

物部氏のことだったのに苦笑

とりあえず、、、それは記事を変えて書きます。。。